OPPとCPP

一般にビニール袋やポリ袋と総称されるプラスチック製袋は、用途に応じて材質が異なり、本来の呼び名も異なります。
OPP袋と言われるものは、ポリエチレンフィルムを材質とし、透明度が高く引っ張り強度に優れていることが特徴です。

具体的には、洋菓子店のクッキーが入っている、パリッとした感触の、きれいな化粧袋がそれです。

もちろん、その他にもさまざまな商品の包装に使われています。

「OPP袋」や「OPPバッグ」、「クリスタルパック」などの商品名で、ラッピング用品店やホームセンター等でも販売されています。

OPPとはポリプロピレンをタテヨコ2方向に延伸し、透明なフィルムにしたものです。延伸してあるため強度があり引っ張ってもほとんど伸びません。
一方、CPPは引っ張ったら伸びますので、OPPかCPPか見た目で区別できない場合は引っ張ってみればわかります。