OPP袋の用途

OPP袋は主な用途として、チラシやパンフレットの街頭配布や商品のラッピングなどに使われることが多いようです。
その他、ダイレクトメールや雑貨、アパレル等の詰め合わせ等に使われる事の多いテープ付加工のOPP袋もあります。中身が雨に濡れたり、こぼれたりしないように折り返し部分にテープが付いています。

さらに、OPP袋には印字も可能なので、包装容器リサイクル法に基づいたリサイクルマークを印字することで利用される方の環境問題への取り組み等、イメージアップを図ることにも利用できます。

カタログやパンフレットなど分厚い封入物で利用する場合には、CPP袋も選択肢として考慮しても良いかも知れません。
CPP袋は、OPP袋より粘りがあり特にフチ部分のひっぱり強度が強い特性があります。OPP袋のようにパリッとした質感ではなく、しっとりとした質感があります。

激安OPP封筒で経費節減

一度自社製品を利用してくれたお客様、また問合せをくれた方など時折過去の顧客を掘り起こしたり、ダイレクトメールを送る事で定期的な集客や売り上げに繋げる事がダイレクトメールを送るメリットです。

しかしダイレクトメールを大量に贈るとなるとその宛名書きから、封書に入れるそして発送と手間と暇が掛かります。また数が多くなればなるほどそれに掛かる郵送代も。でも中にはダイレクトメールを心待ちにしている人たちも多いのでは?

郵便で送るよりも安い値段でダイレクトメールが送れると代行業者に頼む会社が出て来ています。宅急便によるサービスを使ってダイレクトメールの手間隙と、その経費を削減できると多くの良く経営者から喜ばれているようです。